カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

オーダーシャツへのこだわり

当社では、創業以来一貫して最良のモノ作りに努めてまいりました。コスト削減を追及し大量生産されたモノがあふれる現在においても、あえて手間隙のかかる工程を数多く残すことにより、お客様に本物のシャツをご提供いたしております。また縫製仕様だけでなく、シャツに使用される副資材も産地に直接発注し、例えば釦などは釦の裏側にも丸みを付け、掛け易く割れにくいこだわりのオリジナル釦を使用しております。もちろんご要望により、本物の貝から削りだした高瀬貝・黒蝶貝等もご用意いたしております。

衿作りの作業風景

衿つくりの作業風景

当社独自の加工を施し衿羽根の浮かない工夫がされています。シャツの命と言える型くずれのしない衿を作るために、ベテラン職人がひとつひとつ丁寧に作業しています。

手作りの良さを大切にして

手作りの良さを大切にして

表生地と芯はミシン目だけで固定するため、一時固定の作業が必要です。昨今は芯の開発によってこの作業はほとんどの工場で簡素化されましたが、当社では昔ながらの手作りの良さをそのまま残してあります。

裁断の作業風景

裁断の作業風景

一着分のシャツ生地をお客様の寸法に切る作業です。シャツ生地にハサミが入ると、いよいよ形が見えてきます。まさに生地に息吹をかけるワンシーンです。

芯地の裁断風景

芯地の裁断風景

衿・カフスなどに使用される芯を機械により裁断(カット)します。非常に精度が要求される箇所で、大型機械による作業工程です。

刺繍ネームへのこだわり

オーダーシャツに入れる刺繍(ネーム)は本来、絹糸にて施されていましたが、ミシンのコンピュータ化によって刺繍糸も化学繊維で行うようになってきました。特にシャツのように高温でプレスされるものは従来の絹糸では温度に耐え切れず溶けてしまいます。(家庭で洗濯するのが当たり前だった頃は絹糸でも許容範囲だったのですが・・・)


刺繍ネーム 実は、私自身この電子化された刺繍文字を見ていてもどうも不満足で、刺繍ネームミシンの導入には二の足を踏んでいます。職人技のいわゆる「生きた文字」に魅了されて外注依頼しているのが現状です。ちょっと変わった動きをするミシンと職人の腕でみごとに文字が入るのですがその様子は必見ですよ。


刺繍ネーム 残念ながらこの世界でも昨今のクリーニング事情により絹糸は廃止されてしまいました。先日も「本当は絹糸のほうが光沢がいいよね〜」なんて話を刺繍屋の親父としていたのですがこの親父、結構こだわりがあってオーダースーツの刺繍ネームはいまだに絹糸だそうです。

自分自身で洗濯して、自分自身でアイロンを掛ける・・・というこだわり派の方に限定ですが、絹糸による 「こだわりの刺繍ネーム」 受け付けています。(絹糸刺繍の可能な生地や場所が限定されますので詳しくはお問い合わせください。)我々オーダーシャツ業界も同じですが、いわゆる職人の高齢化は刺繍ネーム業界でも進んでいます。絹糸を使用した綺麗な刺繍入りののシャツが着用できるのも今のうちかも?


☆☆ご購入はこちらから☆☆

クレリックシャツ

クレリックシャツ

衿とカフスの部分を白無地の生地を使用して、身頃や袖の部分とは違った生地で制作したシャツをクレリックシャツといいます。元々ワイシャツと呼ばれる衿台だけのシャツ(スタンドカラーのような型)に衿羽根をつけて着用したのが起源のようです。スタンダードな生地をドレッシィなシャツに変身させるのも一つの方法かな・・・って思います。

☆☆ちょっとだけウンチク☆☆
「クレリック」とはもともと牧師、聖職者を意味する言葉で、牧師が着ていた白い立ち衿の僧服に似ていたことからこの名がついたという説もあります。

ページトップへ